アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

早期にAGA専門クリニックに

聴診器を当てる医師

薄毛や抜け毛に悩んでいる方は多くいます。
その多くはドラッグストアで育毛剤を使って改善できないか一度は試してみたでしょう。
しかし結果はどうだったでしょうか。
職場に薄毛の人は減りましたか。
後ろ髪を前髪だと言い張る人は減りましたか。
ドラッグストアで売っている育毛剤は医薬部外品のため効果が薄いこともあり、髪が薄いところでは意味がありません。
ちなみに医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置するもので、医師の処方箋がなくても買えるもので、医薬品に比べ皮膚や頭皮へのダメージも少ない分、効果も薄くなります。

現在テレビコマーシャルでAGAというものが良く流れていますが、AGAとは男性型脱毛症のことで、AGA治療は病院で治療するのが一般的になってきました。
AGAの原因には、食事やストレスなど環境的要因もありますが、遺伝的要因がほとんどです。
つまり、生まれる前から薄毛になることは運命として決まっており、医薬部外品で運命に逆らっても、敵う訳がありません。

現在ネットでも育毛剤の比較サイトはよくありますが、どの商品も全ての薄毛に万能ということはありえません。
薄毛は医療で治す時代です。
市販の育毛剤を使って取り返しのつかないことになる前に、AGA専門のクリニックにかかることが重要です。
現在発毛に効果的なものにプロペシア治療とHARG療法があります。
プロペシア治療の発毛率は65%前後で、HARG療法の発毛率は90%以上です。
このことから現在、薄毛は医療で治す時代なのです。

プロペシア治療とは、プロペシアという医薬品を服用するもので、プロペシアの安全性は医療関係者に広く知られた存在で、皮膚科以外でも処方されるぐらいです。
HARAG療法とは、頭皮に直接発毛剤を注入するもので、若干の痛みを感じるので麻酔を用いて行います。
HARG療法は医師でもHARG療法の認定を受けた医師しか行えませんし、AGA治療は医療行為ですが、健康保険は使えません。

プロペシアは、一錠250円で一月にだいたい7000円~8000円の薬代と他に診察代や検査費がかかります。
HARG療法は、6回の注入が1サイクルで総額60万円ほどかかります。
どちらも効果は高いですが高額です。
市販の効果の薄い育毛剤にお金を使う前に、AGA専門の治療を当初からやることが節約になります。

オススメリンク

バイオテックで薄毛の相談をしませんか?「バイオテックなどの発毛サロンの評判の真偽」

髪を乾かす女性

AGAの治療にはフィナステリド

この時点ではまだAGAだと確定したわけではありません。AGA…Read more
スキンヘッドの男性

問題は解決できる

最近抜け毛が増えてきた、頭皮の生え際が気になりだしてきた、な…Read more

関連リンク

    スキンヘッドの男性

    問題は解決できる

    最近抜け毛が増えてきた、頭皮の生え際が気になりだしてきた、などの薄毛や抜け毛に悩んでいる人が増えています。一昔...

    Readmore
    髪を乾かす女性

    AGAの治療にはフィナステリド

    この時点ではまだAGAだと確定したわけではありません。AGA以外にも皮膚疾患やストレス性の脱毛症など、さまざま...

    Readmore
    薄毛

    髪の成長を促すには

    育毛にはどのようなものがあるのかをご存じの方もいられると思いますが、一例を挙げてみます。一つは、育毛マッサージ...

    Readmore